【仮想通貨×銀行】Conceal Networkってどんな通貨?

 

  f:id:setamanabu:20181116035646j:plain

 

草コイン「Conceal Network」の特徴、チャート、将来性についてご紹介させていただきます。購入に際して、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

Conceal Network(CCX)ってどんなコイン?

 

  f:id:setamanabu:20180219230636j:plain

 


Conceal Networkとは独自の匿名通貨と秘匿化されたメッセンジャーサービスを備えた分散型バンキング(銀行)システムの構築を目指したプロジェクトです。

 

プロトコルCryptoNoteを採用しており、どこでも、誰でもアクセスできるP2P(Peer to Peer)ネットワークを展開しています。

 

アルゴリズムはProof-of-Work(Cryptonight_masari)を採用しており、非常に匿名性の高い通貨と言えます。また、このプロジェクトは一切のICO(Initial Coin Offering)を行っていない、いわゆる「No ICOコインであることも特徴的です。

 

ホームページはこちら

 

CCXの価格、総合サプライ、チャート

 

 

f:id:setamanabu:20181117140655j:plain

 

2018年11月17日現在

 

1CCX=1170sat

総合サプライ=約1200万枚

内訳:Banked=890万枚

       :Cirlulating=370万枚

ATH=約2000sat

 

 

 f:id:setamanabu:20181116120214j:plain

   

チャートはこんな感じです、一度も噴き上げていないのがGood Point。

 

直近底値(930sat)付近とATL(705sat)付近の価格も考慮しておくと良いです。

 

価格と循環サプライから見たCCXの可能性

 

  f:id:setamanabu:20181116040508j:plain

 

仮想通貨×銀行×匿名と聞いて思い浮かぶのはやはりAidosKuneenHaven Protocol、TokenPayあたりでしょうか。

 

Conceal Networkは、今のところAidosKuneenやHaven Protocolの様なオフショア市場をターゲットにした通貨ではないと思われます。

 

ですので、あえて言うのなら銀行株も取得済み且つプライベートメッセージ機能も備えたTokenPayと競合になるでしょう。

 

以下はCCX、ADK、XHV、TPAYそれぞれの価格、循環サプライの比較でございます。

 

1CCX=1170sat

循環サプライ=1200万枚(Banked分も含む)

 

1ADK=92000sat

循環サプライ1000万ADK

 

1XHV=40700sat

循環サプライ=580万XHV

 

1TPAY=22600sat

循環サプライ=1500万TPAY

 

TokenPayと比べ、Conceal Networkの循環サプライは300万枚も少ないというのに、価格はTPAYの20分の1ほどです。

 

ADK、XHVと比べて見ても、CCXの価格と循環サプライのギャップは一目瞭然です。

 

このギャップが大きければ大きいほど価格の伸び幅も期待できると私は考えています

 

       f:id:setamanabu:20181116032040j:plain

 

Conceal Network (CCX)を買ってみる

 

CCXの主な機能

Banking(Deposits&Investments)

 

      f:id:setamanabu:20181116030652j:plain

 

ユーザーはデスクトップウォレットにCCXをBanked(預け入れ)することで利子を得ることが出来ます。

 

またBanked(預入)には2種類の形態があります。

 

・Deposits(年利4%)

・Investments(年利6〜12%、最低50000CCX必要)

 

どちらも期間が長ければ長いほど報酬は増えるようです。

 

 

Encrypted Message(秘匿化メッセージサービス)

 

      f:id:setamanabu:20181116030658j:plain

 

これにより匿名で、追跡不可、そしてエンドツーエンド(E2E)で秘匿化されたメッセージをユーザー同士で送り合うことができます。この機能は将来、WEBやモバイルのアプリケーションにて利用できるようになるそうです。

 

ウォレット(GUI)のインストールはこちらから

 

直近のファンダメンタル

そして皆さんが何より気になるのはCCXのファンダだと思います。

 

私のツイートの引用で恐縮ですが以下の通りでございます。

 

 

いくつかのイベントが羅列されていますが、特に注目していただきたいのは、12月のWebWalletローンチ、そして新しい取引所への上場(New Listing)です。

 

「なんだ、ウォレットかよ笑」と思われた方も多いかと思いますが、草コインにおいては、このレベルのファンダでも価格が暴騰する可能性が極めて高いのです(Dr.K氏から教わりました)、もちろん100%上がるわけではないですが、かなり期待できるファンダだと思います。

 

新規上場についてもかなり期待しております。現在、CCXが買えるまとも( )な取引所はStocks Exchange(STEX)のみとなっており、流動性もかなり低い状態。これを打開するのが新規上場です。

 

個人的な願望ですが、TradeOgre(通称小倉)に上場してくれると嬉しいです。

 

Stocks.Exchangeはこちら

 

 

 まとめ

f:id:setamanabu:20181116125616j:plain

 

今回は分散型バンキングシステムの構築を目指したConceal Network(CCX)についてご紹介させていただきました。

 

CCX匿名の仮想通貨と銀行システムを絡めた非常に興味深いプロジェクトであり、大手未上場、かつ価格も未だ跳ね上がってないことから、今後の更なる伸びを期待できます。

 

仮想通貨×匿名×銀行という黄金の組み合わせは、海外でも人気です。

 

 

 

 

 

 

気になった方はぜひ購入してみて下さい。 

 

Conceal Network (CCX)を買ってみる